ピアノの買取で査定額を十万円アップさせる方法〜喜びの体験談@売却成功者を掲載中〜

HOME > > 日頃からのメンテナンスが高額査定につながる

日頃からのメンテナンスが高額査定につながる

高額査定で買取ってほしいと思う場合には、やはり日頃からのメンテナンスが重要なポイントとなってきます。
ピアノは生きている楽器と言われるだけあって、その管理状況が買取査定にも大きく影響してきます。
日頃からできるピアノのメンテナンスについて、一緒に見ていくことにしましょう。

湿度管理

ピアノの湿度管理ピアノを使っていない部屋に置きっぱなしと言う方も多いと思いますが、楽器と言うものはそもそも湿気によりダメージを受けてしまうものです。

ピアノも同様で、弦に湿気が付いてしまうと錆びついてしまったり、音が狂う原因となります。

ピアノの天板を開けたり、部屋全体の換気は小まめに行うと良いでしょう。エアコンなどから出る冷たい風も湿気の原因となりますので、注意しましょう。

乾燥

ピアノの乾燥湿気とは逆に乾燥にも弱いのが楽器です。
ピアノも木を使っている楽器ですので、乾燥にも弱く、劣化の原因となってしまいます。
20度前後の常温以上に長い時間置いておくと乾燥を招き、ピアノにとってあまり良くありません。

換気などして乾燥を防いだり、部屋の隅に水を置いておくと言った、ピアノを乾燥から守る工夫が必要です。
ただし加湿器などは、反対に湿度を上げてしまうので、使用は控えましょう。

掃除

ピアノの掃除ピアノは黒いことからほこりなどが目立つため、表面のお手入れは行っている方も多いと思いますが、意外と汚れが付いていることから、変色を起こしてしまうのが鍵盤です。

手は案外汚れているものです。

専用のクリーナーなどで、弾いた後はきちんとお手入れしておくと良いでしょう。

弾いてあげる

ピアノを弾くピアノを放置していると言う方も多いと思いますが、ピアノは定期的に音を出してあげることが大切です。
それなら毎日弾いている大丈夫と言う方もいるかもしれませんが、ピアノの鍵盤すべての音を出していることはあまりありません。

音の乱れや偏り等を防ぐためにも、またピアノの調子をチェックする意味でも、常日頃からすべての鍵盤の音を鳴らしておくと良いでしょう。

調律

ピアノの調律自分ではできませんが、定期的に調律をお願いすることもピアノのメンテナンスとしては大切なことです。
使っていないから調律は必要ないと言うのではなく、年に一度でもいいので調律をしてもらうと良いでしょう。


買取してもらう場合にも、この常日頃のメンテナンスを行っているか否かが、査定に影響してきます。
ピアノは生物とも言われていますので、日頃からしっかり管理を行うことが重要です。
売る時に高く買取ってもらえるよう、日頃からのメンテナンスを心がけましょう。


専門のピアノ買取業者に依頼で高額査定

買取は、その依頼する業者によってまちまちの査定となります。そのためどこに買取をお願いするかによって、高額査定になるか否かが決まってきてしまいます。
>>次の記事へ