ピアノの買取で査定額を十万円アップさせる方法〜喜びの体験談@売却成功者を掲載中〜

HOME > > 電子ピアノに買い替えもおすすめ

電子ピアノに買い替えもおすすめ

アコースティックピアノのデメリット

ピアノをお稽古事として子供が習っている場合、大人からピアノを始めた人、子供の時に習っていたピアノをまた復活させたという人・・・皆さん色々なパターンでピアノを購入しています。
やはりピアノを習うからにはピアノ本来の音を楽しみたいと思うものです。

アコースティックピアノのデメリット本格的なピアノの代表であるグランドピアノは魅力あるピアノですが大きいですし、非常に重く、転居などに伴って移動する場合も大変ですので日本国内では生のピアノを購入する場合、ほとんどの人はアップライトピアノを購入しています。
アップライトピアノはグランドピアノほど音も大きくないですし、大きさも重さも抑えられます。
しかし、どんなにコンパクトなアップライトピアノでも、本物のピアノですので、ある程度使用することによってピアノを修理したり、調律をすることが必要となってきます。

修理や調律はできれば一年に数回行うのが理想ですが、最低でも一年に一回ほどはきちんと専門家に見てもらっていないと、音程も狂いますし、ピアノの状態が把握できなくなります。

一年にたった一回のメンテナンスですが、楽器店に連絡したり、調律師さんに家に来てもらったりするのが面倒でもう何年もメンテナンスをしていないという家庭は非常に多いです。
また、一年に一回ほどの調律でもアップライトピアノで1万円ほどの費用がかかります。

毎日ピアノを弾いている人ならばともかく、めったに弾かないご家庭にとってメンテナンスはどうしてもハードルが高くなってしまいます。

復活させるためのコストが高額になる

ピアノの調律アコースティックピアノを何十年もメンテナンスもしないまま放置しておくと、再び弾くときにはピアノの素人でもわかるほど音程が狂っていたり、タッチのバランスがおかしくなっていることがほとんどです。

いくら上手にピアノを弾ける人でもピアノの状態が悪いと全く本来の音楽性を表現することなどできません。
長年放置されていたピアノを再び復活させようとすると調律だけでも費用は通常の調律よりもかかります。

また、内部のメンテナンスに関しては虫やネズミなどが侵入して卵を産み付けている場合などは、分解してきれいに掃除したり、部分的な器具を交換したり、場合によっては内部全体を交換する必要が出てきます。
古いピアノを売却して新しいピアノに買い直しした方がよいということも珍しくありません。

電子ピアノに買い換える

電子ピアノに買い換えるそこでおすすめなのが、電子ピアノです。
最近の電子ピアノは昔の電子ピアノと違ってタッチも音質もアコースティックピアノに限りなく近いものが多くなりました。

電子ピアノだからと馬鹿にできないレベルに到達しているということです。
確かに、アコースティックピアノと全く同じように表現できるかと考えると、全く同等というわけにはいきませんが、子供の習い事や大人の趣味ならば価格も10万円前後の電子ピアノに変えても十分対応できる機種が存在します。

電子ピアノなら調律もメンテナンスもいりませんし、演奏ではヘッドフォン演奏もできますので騒音問題も解決されます。
色々なピアノ問題を気にすることなくピアノ演奏を楽しむことができます。
古いピアノを中古ピアノ販売業者に査定して買取ってもらって、新しい電子ピアノを購入する方は増えています。