ピアノの買取で査定額を十万円アップさせる方法〜喜びの体験談@売却成功者を掲載中〜

HOME > > ピアノの魅力

ピアノの魅力

広い音域をカバーするピアノ

ピアノの鍵盤ピアノの鍵盤は白鍵と黒鍵が全部でいくつあるかご存知ですか?
ピアノは88もの鍵盤で構成されています。

1オクターブの中に、鍵盤が12個ありますので約7オクターブもの音を出すことができるのです。
これは多くの種類の楽器を含むオーケストラの音域をピアノ一台でカバーできるほどの音域です。
オーケストラでは低音域にはコントラバスやチューバ、高音域にはピッコロなどの楽器がありますが、すべてをカバーしているというのですから驚きです。

ピアノより音域の広い楽器は教会に備え付けられているような巨大なパイプオルガンぐらいしかありません。
原曲はオーケストラの曲でありながら、ピアノ曲になっているものもありますので、たった一人で大勢のオーケストラのような多様な音楽を表現できるのです。

ピアノは一番身近な楽器

ピアノを弾く女の子ピアノは世界中で一番身近に演奏されている存在であると言えるでしょう。
なぜピアノが子供から高齢者まで幅広い人々に支持される楽器であるかということには、色々な理由があると思いますが、第一にピアノは鍵盤を叩けばだれでも簡単に音を鳴らすことができるという点は大きいと言えるでしょう。

世の中には様々な楽器がありますが、打楽器はピアノと同じようにたたけば音がなりますが、金管楽器や木管楽器は息を楽器に吹き込めばすぐに鳴るという楽器は非常に少ないのです。
ある程度練習してからでないと簡単な曲でも演奏することができません。

また、弦楽器も弦を弾けば音がなりますが、ヴァイオリンなどは音程を自分で取る必要がありますし、音質も初心者ではきれいな音が出ません。
ピアノは鍵盤を叩くことによって内部のハンマーが弦を叩いて音を出します。
音程はあらかじめ調律してあるので、子供でも指一本で簡単に音楽を楽しむことができるということが人気の秘密ではないでしょうか?

表現が豊かなピアノ

表現が豊かなピアノピアノという楽器は色々なジャンルの音楽に使われます。
クラッシックでもポップスでもジャズでもロックでもあらゆるジャンルを表現することができます。

また、同じピアノでも弾く人によっても不思議と音色が全然違っています。
わずかなタッチの差が音楽表現となっているのです。

また、ピアノは正式名称をピアノフォルテといいますが、非常に繊細な小さな音から、ダイナミックな大きな音まで表現が可能になります。
買取された古いピアノでも信頼ある専門家が修理すれば時を再び超えて様々な音楽を表現することができるのです。


ピアノの歴史

ピアノは1709年にイタリアで生まれました。今から300年ほど前のことです。ピアノの前身はチェンバロという楽器でした。
>>次の記事へ