ピアノの買取で査定額を十万円アップさせる方法〜喜びの体験談@売却成功者を掲載中〜

HOME > > ピアノは脳の成長を助ける

ピアノは脳の成長を助ける

ピアノが脳に刺激を与える

ピアノが脳に刺激を与えるピアノを弾くことによって脳に良い影響を与えるということが言われていますが、本当なのでしょうか?
まず、ピアノを弾くことによって指を動かします。
ピアノが上達してくると左右の手を同時に複雑に動かすことができるようになります。
指一本一本を動かすためには脳からの命令がなくては動きません。
また、指の動きは音程を変えるためだけでなく、旋律を際立たせたり、音楽に表情を付けるという高度な指の運動を必要とします。

動きだけでなく、動かし方まで脳がコントロールするわけですから、通常の状態では考えられないほど複雑で高度な刺激を脳細胞に求め、訓練することによってそのテクニックが可能になるということは、確実に脳細胞が活性化されて発達しているということになります。
また、人間は音楽を演奏しながら色々なことを考えたり、気を遣ったりしています。

同時に複数のことを確実に処理しなければ素晴らしい演奏ができませんので、ピアノが上手くなればなるほど脳の情報処理能力がアップすると言えます。

楽譜の先を読む力、楽譜を暗記する力を養う

楽譜の先を読む力、楽譜を暗記する力を養うピアノを演奏する場合、楽譜を見ながらする演奏、楽譜をあらかじめ覚えてしまって本番は見ない演奏がありますが、楽譜を見ながら演奏する場合でも、初めて楽譜を見た瞬間に弾く初見演奏もあれば、レッスンを受けるときのように楽譜を見ながらする演奏もあります。
特に今初めて見た楽譜をその場で演奏する初見演奏は非常に高度で、目で見た楽譜を瞬時に読み、間違わずに演奏しながら次の部分の楽譜を読むということを演奏者が行うことになります。
簡単なものなら先を読みながら演奏することもできますが、複雑なリズムや音程を間違うことなく弾きながら数小節先の譜読みをするということは、なかなかできるものではありません。

また、演奏会などの時は、演奏する曲の楽譜は基本的に見ずに覚えて演奏します。
ピアノを演奏しながら頭の中では覚えた記憶のアウトプット作業をしているということです。
曲によっては数十分もの長さの曲もありますが、ピアニストは練習を通して楽譜の隅々まで暗譜するという作業を日常茶飯事にしています。

楽譜の先を読んだり、膨大な情報を暗記するということは間違いなく脳に多くの刺激を与えています。
ピアノの学習者ならば当たり前と感じることでも普通の人にとってみればかなり高度な作業を日常で訓練していることになります。
ピアノが上手な子供が成績も良いという関係性はまんざら嘘ではないと言えるでしょう。

想像する力が得られる

想像する力が得られるピアノを演奏するためには、頭で様々なことを考え想像します。
音をアウトプットするだけならばテクニックをひたすら磨くだけでよいのかもしれませんが、色々な情景や思いを表現するためには人間の感情機能を多く使います。

感情をコントロールしたり、協調性など人間が生きていくために必要な地頭をトレーニングすることができるのです。
子供の習い事だけに限らず、大人になってからピアノを弾くことによってある程度の効果を見込むこともできます。
家に使われていないピアノを買取してもらい、新しく軽量なピアノを購入してみるのも良いかもしれません。